まずは無研磨歯磨き粉の種類の説明から

研磨剤なしの歯磨き粉で、どのようにして歯の汚れを落とすことができるのか、というお話をする前に、無研磨歯磨き粉の用途の種類について整理したいと思います。

 

まず一般的に、研磨剤なしの歯磨き粉がどのような用途で使われるかと言いますと、歯周病などの知覚過敏の人向けの歯磨き粉として使用されます。

 

知覚過敏は、冷たい水や風、歯ブラシの毛などによって、一時的に鋭い痛みを感じやすい状態のことを指します。

 

まず知っておいて欲しいことは、歯の一番表面のエナメル質の下にある象牙質は痛みを感じることができる場所だということ。象牙質には、小さい

 

歯の象牙質に触れた際に、痛みを感じます。これは、象牙質の表面には、象牙質細管と呼ばれる空洞が奥の神経に向かってあります。ですので、象牙質の表面に冷たい水が触れたりすると、あのなんとも言えない、強い痛みを感じるのです。

 

通常は、象牙質の上にはエナメル質があるので、水を飲んでも強い痛みを感じることはありません。でも、摩耗でエナメル質が薄くなっている部分、虫歯などでエナメル質がなくなってしまっている部分があったら、そこから痛みを感じることがあります。

 

象牙質は、歯の上の部分はエナメル質に覆われていますが、歯の根の方の部分は象牙質が剥き出しに状態になっています。

 

加齢や歯周病で、歯肉の位置が下がってきてしまっていると、エナメル質のない、象牙質が剥き出しになった部分が露呈してしまいます。そこが知覚過敏を起こしてしまうことにになります。

 

知覚過敏の人が研磨剤入りの歯磨き粉を使ってしまうと、さらに刺激を与えてしまい、知覚過敏で歯が痛む、ということになってしまいます。したがって、そのような人向けとして、無研磨剤の歯磨き粉があるわけです。

 

 

それともうひとつの用途が、歯のホワイトニングのためです。ホワイトニングには元々、「研磨剤を使う」という考えがありました。これは今でもあります。市販で売られているホワイトニング用の歯磨き粉は、しっかりと研磨剤が入っています。

 

しかし、無水ケイ酸などの硬度の高い研磨剤は、歯の表面に傷をつけてしまう可能性が、歯医者さんなどから指摘されています。歯磨き粉を作っているメーカーさんは、研磨剤入り歯磨き粉を長年使用しても、歯に傷を受けないことは実験でも証明されている、とは言っています。

 

どちらの見解を信じるかは、あなた次第でありますが、歯医者さんが無研磨剤歯磨き粉を勧めているという現実は、無視できないと思っています。

 

また、ホワイトニング歯磨き粉として、研磨剤不使用の商品を実際に、開発・販売していこう、という流れも生まれてきています。

 

従来の研磨剤で歯の表面の汚れを削り落とす、という方法ではない、まったく別の方法で汚れを落とす方法です。その新しい方法というのは、歯に付着した汚れを、歯の表面から浮かせ上がらせる方法です。そして、浮き上がってきた汚れを溶解し、そして取り除きます。

 

歯磨き粉に、汚れを表面から浮かせる成分。汚れを溶解さえる成分。汚れを最終的に取り除く成分。これらを配合させた、新しいタイプのホワイトニング歯磨き粉が、最近では入手することが可能になっています。