研磨剤なしホワイトニング歯磨き粉の大切な成分について

市販のホワイトニング歯磨き粉は、無水ケイ酸などの研磨剤成分を使って、歯の表面の汚れを削り落としています。「研磨剤の成分で、歯を傷めることはありません」、とのことではあります。でも、歯医者さん自身が研磨剤なしの歯磨き粉を使っている現実からすると、私たち消費者はやはり心配です。

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉が最近では登場しています。研磨剤成分を使わずに、どのように汚れ(ステイン)を落とすことができるのでしょうか?

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉は、「汚れを、浮かして、分解して、取る去る」という手法を取っています。それを可能にしてくれるための成分が歯磨き粉に配合されているわけです。具体的に、いったいどのような成分が配合されているか、一緒に見ていくことにしましょう。

 

汚れ(ステイン)を浮き上がらせ・分解・除去する成分

はははのは / パールホワイトPROEXプラス

 

ホワイトニング歯磨き粉の、はははのはと、パールホワイトPROEXプラスでは、汚れ(ステイン)を浮き上がらせ・分解・除去する成分として、「ポリリン酸ナトリウム」と「メタリン酸ナトリウム」を使用しています。

 

ポリリン酸ナトリウムは、ステインの除去だけでなく、抗菌作用もあるので歯周病予防としての効果も期待できます。食品の変色防止などにも使用されている成分で、食品としても厚生労働省によって安全性が認められています。

 

ポリリン酸ナトリウムは、はははのはとパールホワイトPROEXプラス以外にも、アクアフレッシュ シャイニーホワイトニング、薬用ポリリンデンタルリンスEX-W、ポリリンホワイトEX、デンタルホワイトプロイズムなどの歯磨き粉にも採用されています。

 

メタリン酸ナトリウムは、歯のエナメル質とステインの間に入り込んで、ステイン(汚れ)を浮き上がらせることを手助けしてくれる成分です。コーヒーやタバコのヤニなどによる変色に効果あると言われています。メタリン酸ナトリウムはは、歯磨き粉だけでなく、食品の保水性を高めたり、食品の変色防止といった用途にも使用されていたりします。

 

また、はははのはでは、「パパイン」というパパイヤから抽出された成分が、浮き上がったタンパク質を分解する成分として、さらに配合。さらに、「ソープナッツ」という天然の界面活性剤と呼ばれる成分が、最後の除去(洗浄)ステップとして働きます。

 

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニング / レディホワイト

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングやレディホワイトでは、「ポリアスパラギン酸(PAA)」が使用されています。歯の汚れは、たんぱく質と一緒に固まって、はの表面に付着します。一度不着したスタインは、ただのブラッシングでけではなかなか落ちません。

 

ポリアスパラギン酸という成分は、汚れが不着したたんぱく質の成分を、包み込むようにはがしてくれます。そして、そのまま汚れを再不着しない形で除去してくれいます。

 

ポリアスパラギン酸は、薬用ちゅらトゥースホワイトニングやレディホワイト以外にも、パールホワイトPROEXプラスなどにも使用されています。