歯磨き粉に入った研磨剤の役割って?

あなたが毎日使用している歯磨き粉の成分表を見てみてください。きっと「研磨剤(もしくは清掃剤)」として、以下のような成分の表記があるかと思います。

 

「無水ケイ酸」
「重質炭酸カルシウム」
「リン酸水素カリウム」
「リン酸水素ナトリウム」
「水酸化アルミニウム」

 

これらは、一般的に研磨剤として歯磨き粉に使用されている成分の名称です。

 

これら、無水ケイ酸、重質炭酸カルシウムなどの成分の役割は、歯の表面をゴシゴシと擦る(研磨する)ことです。歯磨き粉に入った微小の研磨剤が、歯を磨く際、歯ブラシのブラッシングによって、歯の表面の汚れを擦って、落としてくれる役目を果たしてくれるんです。

 

粒子の入っていない、ただのジェル状のもので歯を磨くよりも、歯の表面の汚れがよく落ちます。ですので、市販の歯磨き粉のほとんどには、何かしらの成分の「研磨剤」が必ず入っていると言ってもいいでしょう。

 

研磨剤で歯の表面を擦っても大丈夫なの?

大丈夫とは言い難いです。たいていの歯医者さんは、「研磨剤が入った歯磨き粉は勧めません」と言っています。実際に、歯医者さん自身も無研磨剤歯磨き粉を使用していることが普通です。

 

研磨剤とは、歯の表面を粒子で擦るためのものです。歯の表面はエナメル質でできていますが、粒子でゴシゴシと擦ることで、エナメル質の表面に傷をつけてしまうしまう心配が生じます。

 

エナメル質に傷がついたら、そこには汚れが不着しやすくなります。それが原因で虫歯になり易くなることもあります。また、ステインなどで、その部分が茶色くなってしまうこともあります。

 

ホワイトニングという観点からみても、一時的には汚れが落ちて綺麗になりますが、結果的にまたそこの汚れが付きやすく、ホワイトニングの逆効果になってしまう恐れもあるということです。

 

ただ、歯磨きメーカーの意見は異なります。市販の歯磨き粉を製造しているメーカーさん達は、「研磨剤入りの歯磨き粉は大丈夫」と言っています。歯磨き粉の研磨剤としている成分の粒子は非常に小さいので、問題ないと言うのです。

 

歯医者さんが言うことが正しいか、歯磨きメーカーの言うことが正しいか。あなたはどちらをを信じますか?